「過ち、はじめまして。」を読んでみたレビュー